フィギュア原型師とは?

フィギュア原型師とは?

原型師とは?

原型師とは、玩具や銅像の模型やデザイン、部品などのひな型、
試作品の原型を製作する仕事をしている人のことです。
ちなみに、同じような仕事で造形師というのがありますが、
原型師は造形師のカテゴリーの中の一つで、
ワンオフしか作らない量産のための原型を作る人です。
原型師には量産のための型を作るために必要な知識である、
抜き勾配やアンダーカット、パーティングラインの選定、
パーツ分割、材料などの知識とスキルが必要です。
また他の人が製作した原型を
量産可能な形に手を加えて型を作る人も、原型師と呼ぶケースがあります。

フィギュア原型師とは?

フィギュア原型師とは、原型師の中でもフィギュアに特化した人です。
フィギュアとは、アニメや漫画など平面だったキャラクターを、
立体化させたものです。
フィギュアはまず原型師によって、人形の原型が作成されます。
そして、いくつもの工程を踏んで作成され、
それを大量生産して商品として販売するのです。
そのため
「フィギュア原型師がフィギュアの出来を決める!」
といっても過言ではなく、
フィギュア愛好家の中には、フィギュア原型師の名前を見てから、
購入するか否かを判断する人もいるほどです。
具体的な仕事内容としては、デザイン画を描き起こし、
粘土やパテなどを使って原型を作ります。
躍動感のある魅力的なフィギュアに仕上げるためには、
造形技術はもちろん、容姿やポーズを考える力、センスが求められます。
フィギュア原型師は万年人材不足です。
センスと技術を持ち合わせた人は、引く手あまたの職業です。

一覧に戻る

ブラスト造形部門 特殊造形の総合スタジオ【ゼペット】はこちら  創業30年・実績随一