コンテンツマーケティングからみる出版業界

コンテンツマーケティングからみる出版業界

コンテンツマーケティングとは

コンテンツマーケティングの特徴は三点あります。

① 顧客がどのような情報を必要としているのかを把握すること。
② 顧客が必要とする情報をコンテンツとして提供すること。
③ コンテンツによって顧客の購買行動を引き出すこと。

コンテンツマーケティングは、
特に革新的なマーケティングではないかも知れません。
しかし、マスを対象にした従来のマーケティングでは、
顧客の貴重な時間に割り込み、商品と関係ないエンタメ情報を流し、
一方的に商品情報を提示するものが主流でしたが、
このマーケティング手法は限界に来ています。

こうした中で、正攻法とも言えるコンテンツマーケティングが、
改めて注目されています。

コンテンツマーケティングからみる出版業界

現在の出版業界は不況です。
知名度が高いのにも関わらず、休刊、廃刊になる雑誌も多数あります。

ファッション誌等の雑誌等は、広告費で成立しています。
コンテンツが良ければ広告費は増えますが、
スポンサーの力も強くなります。
そうすると、コンテンツはスポンサーの影響を強く受け、
顧客が必要とする情報を提供できなくなるリスクもあります。
これは出版業界のジレンマと言えるでしょう。

コンテンツを重視し、生き残る雑誌とは、
内容に価値があり、それによってスポンサーがついてくるものです。
出版業界全体がコンテンツとスポンサーの関係性を考え、
広告を調整することができるかがキーになるでしょう。

一覧に戻る