お役立ちコラム集2

「そこに在るかのような」リアルの世界を追求

特殊メイクとは、映画やドラマ、舞台などで俳優が役になりきるために欠かせない専門技術です。
特殊メイクは、現実とはかけ離れた「変身」をテーマにするものと、
老けメイクや傷痕などの「現実感」を追求するものの2つに分けられますが、
どちらもリアルさを追求するところにプロフェッショナルの技量が問われる職業です。
フィギュア原型師は、アニメやマンガなど平面のキャラクターを立体化し、3Dで表現した人形の原型を造る人です。
基礎的な造形技術はもちろん、容姿やポーズを考える力、表現のセンスなどが求められます。
フィギュアとは、本来は英語で「人の形をした造形物」のことですが、
現代の日本ではミニチュア玩具全般の総称で、その種類は素材や形状、購入方法などで細分化されています。

特殊メイクとは、映画やテレビドラマ・舞台などで、役者さんが役になりきるために必要不可欠なメイク技術です。特殊メイクの役割は「変身」ケースと、「自然でリアル」ケースがあります。

・・・つづきはこちら

フィギュア原型師とは、アニメや漫画など平面のキャラクターを、立体化させた人形の原型を造形する人のことです。造形技術はもちろん、容姿やポーズを考える力、センスが求められます。

・・・つづきはこちら

 

フィギュアとは、本来は英語で「人の形をした造形物」のことですが、現代の日本では、ミニチュア玩具全般を呼んでいます。フィギュアの種類は素材や形状、購入方法などで細分化されます。

・・・つづきはこちら

企画・制作を行うプロデューサーは一般的に企画・制作を全般に行う業務ですが、実はその業務内容は非常に広範囲に及んでおり、映像制作から商業目的の分野まで幅広い能力が問われます。

・・・つづきはこちら

 

映像制作に欠かせない要素となるのがこのビデオ撮影です。これはカメラマンの高い技術力が求められるものとなっていますが、この他にも撮影場所や機材の搬入などの様々な業務があります。

・・・つづきはこちら

VFXという言葉を初めて聞いた方もいらっしゃることでしょう。しかしこれは映像制作においては特に珍しい表現ではなく、1990年代にはすでに存在していた言葉なのです。

・・・つづきはこちら

 

映画やドラマを盛り上げる特殊メイクには様々なものが存在します。主な技法としては、ゼラチンや血のりで傷やアザを作るビルドアップメイクと人工皮膚を用いたアプライエンスメイクがあります。

・・・つづきはこちら

CGというとSFやファンタジーを想起しますが、近年では技術の発達で日常風景の再現や3D映画にも多く使われるようになりました。こうした映像の実現には特殊造形との融合が欠かせません。

・・・つづきはこちら


特殊メイクの歴史は映画の誕生と同時に始まりました。想像上の生物を現実にいるように見せる技術は、「オズの魔法使い」等ファンタジー映画やホラー映画の製作を通して磨かれていきました。

・・・つづきはこちら

通常、フィギュアは既製品を購入します。しかし、フィギュア製作をプロに依頼するメリットは多々あります。既製品にはないフィギュアを製作出来、高品質であることなどです。

・・・つづきはこちら

 

フィギュアの製作方法は技術者や製作所によってもかなり違います。しかし高品質のフィギュアは、細かな工程を何度も繰り返して完成されます。やはりプロの技術が必要です。

・・・つづきはこちら

ホラーの王道とも言えるゾンビ映画。その発展には特殊メイクの進歩も伴っています。そして特殊メイクが定着した今も、プロによる特殊メイクは世間の心を動かし続けています。

・・・つづきはこちら

 

最近、VFXの制作現場でプリビズが注目されています。プリビズは、CG映像の完成イメージを事前に作成することを意味します。プリビズはCG映像の完成度を左右します。

・・・つづきはこちら

日本での子供向け特撮ヒーロー作品の源流の一人は、『ウルトラマン』を生み出した円谷英二氏です。1990年代以降、CGも使用され始めました。特殊効果は実写の上でCG効果を加えます。

・・・つづきはこちら

 

アニマトロニクスとは、生物を模したロボットを使って撮影する技術を意味します。CGが主流の中でアニマトロニクスの凄さは、特撮の効果をよりリアルにする点にあります。

・・・つづきはこちら

 

特機と特殊造形は、それぞれに役割は異なるものの、映像の世界で一つになることでクオリティーを高め合っています。また映像をより高度にするためには、この技術力は欠かせません。

・・・つづきはこちら

 

特殊スーツは着用する人によってサイズが異なるので、確認しながら細かく組み立てていくことが重要です。またデザインから特殊スーツの仕上がりをイメージしておくことも大切です。

・・・つづきはこちら

 

FRP造形は映像の世界には無くてはならない存在です。軽量で持ち運びが便利、そしてデザイン通りの仕上がりを期待できることから、様々な映像に活用される特殊アイテムとなっています。

・・・つづきはこちら

 

CMのように短い時間で視聴者の心を掴むためにはインパクトが必要不可欠です。特殊造形を活用すれば実在しない動物や特異な設定があるCMなどインパクト充分なCMの制作が可能です。

・・・つづきはこちら

 

CGは映像作成には欠かすことができない技術です。今はそれと肩を並べるほどの映像作成技術があります。それは特殊造形や特殊メイクで、世界的なブームが到来しています。

・・・つづきはこちら

 

空想の世界にしか存在しないと思われるものも、特殊造形を使えば実現します。プロは多用な道具と技術を使いこなし、細かな表現を可能にしているのです。特殊メイクも特殊造形の一つです。

・・・つづきはこちら

 

特殊造形や特殊メイクは今の時代欠かせない技術となりました。ラテックスにも種類があり、フォームラテックスも最近は注目されています。作るアイテム次第で素材を変えるのがおすすめでしょう。

・・・つづきはこちら

 

特殊造形に求められるものは様々ありますが、リアルさが一番重要でしょう。リアルでないと意味がないですから、熟練のスタッフが高いクオリティを保つように努力をしています。

・・・つづきはこちら

 

 

特殊造形が求められる場は最近とても増えてきました。ですが使用後にはメンテナンスをして保管をすることになります。モノによっては専門的な知識を要することもあるので注意してください。

・・・つづきはこちら

 

特殊メイクでは、表現効果を優先するために、接着剤をはじめとする刺激の強い製品を使用しますが、現在は開発や改良が進み、肌の弱い人でも肌トラブルを起こしにくい専用品が増えました。

・・・つづきはこちら

 

 

特殊造形や着ぐるみを活用して町おこしや会社の宣伝を行うのは良い方法ですし、今現在多くの会社などが行っています。宣伝効果も期待できるので、着ぐるみを活用してみましょう。

・・・つづきはこちら

 

ドラマは現実に架空の出来事をカメラに収めなければならないため、リアルな特殊造形が求められます。特に日常生活でよく目に触れる物事は、違和感を与えないリアルさが必要です。

・・・つづきはこちら

 

パレードやイベントなど舞台は映像とは違った発想で作られています。そこで舞台の特性を踏まえたうえで、特殊メイクや特殊造形作品を作り上げ演者のパフォーマンスをより輝かせることが大事。

・・・つづきはこちら

 

老けメイクと言う特殊メイクを施すことで、一人の俳優が一人の一生を自然に演じ切ることができます。老けメイクをつくりあげるには老人の特徴をよく理解する必要があります。

・・・つづきはこちら

 

自分で理想的な体型を造りあげる役者もいますが、1つの作品のために他の作品を犠牲にして体型を変えることは難しいでしょう。そんなときに用いられるのが特殊造形と特殊メイクです。

・・・つづきはこちら

 

特殊メイク・特殊造形の技術を用いれば、女性が男性に、男性が女性を演じることも可能です。性別を変える上でポイントとなるのが体型ですが、肥満体型は比較的変身しやすいと言えます。

・・・つづきはこちら